TOP > 睡眠薬と依存性

睡眠薬の依存症を防ぐための安全な服用方法を解説します

睡眠薬の依存性

睡眠薬について考える女子

睡眠薬といえば「一度服用し始めたらやめることが出来ない」「薬がなければ暴れてしまう」というように、睡眠薬を服用することに対してあまりよくないイメージを抱かれています。よく、ドラマや映画などでそういった描写があるので、その影響もあって睡眠薬には高い依存性があると思われているのでしょう。

そもそも、睡眠薬など薬物の依存性、というのは、薬物をやめようと思っているのにやめることが出来ないという状態に陥ることをいいます。薬物を一定時間飲まないだけで精神的に不安定になってしまい、我を忘れるほど薬物を欲してしまう精神依存と、薬物が体内に取り込まれていないことによって食欲がなくなる、吐き気やめまいなど身体的に悪影響を及ぼしてしまう身体依存の2パターンがあります。どちらも非常に危険な状態に陥ってしまっているので、早めに病院へ行くことが重要です。

実際に、睡眠薬に依存性はあるのかというと、残念ながら全くないとは言い切れません。しかし、睡眠薬がないことで人が変わってしまうほど狂ってしまうというようなケースは非常に珍しく、めったに起こることはありません。なので、さほど心配する必要はないですが、飲み方次第では起こりうる可能性もあるので、注意しましょう。

改善されている睡眠薬

睡眠薬が改善されていることを解説する医者

近年、依存性や副作用が出にくい睡眠薬が多くなっています。

最も古い睡眠薬はバルビツール酸系で、麻酔として使用されているほど催眠効果に関してはかなり強い睡眠薬です。それゆえに、依存性もかなり高いので、かなりリスクが大きい睡眠薬なのです。しかし、このバルビツール酸系の睡眠薬は現在ではほぼ使われていません。その代わりに主流になりつつあるのがベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系です。別のページでご紹介したデパスがベンゾジアゼピン系で、アモバンは非ベンゾジアゼピン系です。これらはバルビツール酸系の睡眠薬ほど強い依存性が出ることはありません。ベンゾジアゼピン系は超短時間型から長時間型まで幅広く種類があり、どのタイプの不眠症にも効果を発揮する睡眠薬が見つかるでしょう。

そして2010年頃、これらよりも依存性が少ないメラトニン受容体作動薬という睡眠薬が、そして2014年にはオレキシン受容体拮抗薬が販売されるようになりました。これらは先に挙げた睡眠薬よりは効果は弱くはなってしまいますが、睡眠薬としては十分有効な薬です。依存性に関してはほぼないので、安全性が非常に高い睡眠薬です。自然な眠りへと誘導してくれるので、初めて睡眠薬を服用するという人にはオススメです。

睡眠薬、というのは飲みやすいように改善されています。安全に服用できる睡眠薬もあるので、世間的なイメージほど危険なものではありません。

正しく服用すれば依存症にならない

正しく服用すれば依存症にならないことを強調する医者

冒頭で、半減期や効果の持続時間についての話はしましたが、それらも睡眠薬の依存性に関与してきます。持続時間が短いほうがすぐに効果が切れてしまう、ということなので、依存性も高くなってしまいます。即効性はあるものの、数時間で効果を感じなくなってしまうことに恐怖を感じてしまうのです。つまり、最も依存性が高いのは、超短時間型の睡眠薬で、長時間型の睡眠薬は依存性が低い、ということになります。即効性を求めて超短時間型の睡眠薬を利用するのはいいですが、その効果に甘んじてしまい、睡眠薬にだけ頼ることが危険なのです。生活習慣の改善に関しても努力することが、睡眠薬の依存性をかなり低くします。もう睡眠薬なしでも大丈夫!と思った時に発覚するのが依存性なので、薬をやめるタイミングには要注意です。

睡眠薬の依存性を形成しない方法として最も効果的な方法は、服用方法をきちんと理解する、ということです。どんな薬にも服用方法というものは記載されています。実際、ほとんどの人がその服用方法を見て、一回に服用するべき薬の量や服用のタイミングを決めていると思います。服用方法を無視して飲むと効果が出ない、または体調不良のもとになってしまうことはご存知だと思います。しかし、睡眠薬に関してはどうでしょう。睡眠薬=眠りを誘発する薬、という風に勘違いしてしまっている人もいるのではないでしょうか。薬を飲んでもなかなか眠れないから、と量を勝手に増やしてしまう人もいると思います。それが、依存性を形成する原因になるのです。きちんと決められた量を服用しなければ、副作用も出やすくなりますし、薬がない生活を考えられない体になってしまいます。睡眠薬は、服用する期間、1回に服用する量、服用するタイミングがなにより重要です。長期間の服用は、依存性のリスクを高めてしまいます。また、アルコールと服用すると、副作用を引き起こしやすくする、睡眠薬の効果を増大させてしまうだけでなく、依存性を高める要因になります。

睡眠薬の効果に依存してしまい、薬に身を滅ぼされてしまうというような事態を招かないためにも、薬の服用方法はきちんと読んでおくようにしましょう。