TOP > デパスのジェネリックで治そう!

デパスの効果とお得なジェネリック医薬品について解説します。

デパスとは?

デパス

デパスは、1984年から販売が開始された抗不安剤の一種です。抗不安剤のほとんどは海外の製薬会社が開発したものですが、デパスは日本の製薬会社が開発した薬なのです。カタカナ表記なので海外の薬なのかな?と勘違いする人もいるかもしれませんが、国産の薬なのでかなり安心して利用できるでしょう。

デパスの成分は「エチゾラム」というもので、チエノトリアゾロジアゼピン系に属しています。エチゾラムはベンゾジアゼピン受容体に作用し、脳の興奮状態を抑制する働きがあります。作用のし方としてはアモバンと似たような感じになります。それによって、精神的にも肉体的にも緊張を解くことが出来るので、精神の不安定な状態を安定へと導きます。精神の安定だけでなく、ストレスによる頭痛、めまい、節々の痛みなどのあらゆる症状を軽減してくれる非常に万能な薬なのです。

また、更年期障害のように原因が不明確なストレスを解消する効果もあります。あらゆる症状に効果を発揮してくれる優れた薬です。

効果と半減期

不安に悩まされる女性

デパスは抗不安薬という名前だけあって強い抗不安作用を持っているので、神経症やうつ病、心身症などの精神的な要因によって起こる病気の治療薬としても利用されています。抗不安作用、というのは不安や緊張など、気持ちが落ち込んでしまっている状態を改善する作用です。精神科でもよく処方される薬で、抗不安剤の中では日本で一番多く処方されています。抗不安作用が強い反面、催眠作用に関してはやや劣りますが、睡眠薬として使う場合にもきちんと効果を発揮します。特に、ストレスや不安など、精神状態の問題が不眠症の原因になっている人にはかなり効果的な薬なのです。

また、強い筋弛緩作用や抗けいれん作用も兼ね備えているので、緊張感を解き、身体をリラックスさせる効果に関しては他の睡眠薬よりも優れています。力が入ってしまっている状態を解いてくれることもあり、デパスは全身のコリ解消にも効果があると言われています。

デパスは、服用後3時間程度で最高血中濃度に到達します。半減期は6時間程度と言われており、睡眠薬の中では短時間型に分類されます。即効性こそありませんが、人の平均睡眠時間は6時間程度なので、中途覚醒や熟眠障害にはかなり効果的です。

デパスの副作用

副作用に不安を感じている女性

デパスは抗不安作用が強い薬なので、副作用は多い方ではあります。しかし、副作用が多いということはその分、効果もしっかりと期待できる、という証拠でもあります。

抗不安剤として使用されることの多いデパスの副作用として最も多いのが、依存性形成です。薬を飲んでいないと不安になってしまい、なかなかやめることが出来なくなってしまうという危険性があるのです。そして、何度も繰り返し服用することによって、薬に対する耐性も出来てきてしまいます。薬を飲んでも効果を感じない、効果を感じるまで薬を飲む、薬の効果が切れたらまた飲む、というように、永遠に薬から抜け出せなくなってしまうのです。このような負のループを繰り返してしまわないためにも、適切な量というのはしっかりと守るようにしましょう。

また、身体的な副作用としては、だるさやふらつきなどが見られることがあります。これは睡眠薬の特徴とも言えますが、デパスは筋弛緩作用が特に強いので、こういった副作用が起こりやすくもあります。

重度な副作用としては、肝機能障害や間質性肺炎などがあります。これらの症状が見られた場合には、すぐに服用をやめるようにしましょう。ほとんど発症することはないですが、危険性があるということだけは頭に入れておきましょう。

ジェネリック医薬品もある

エチラーム

デパスには「エチラーム」というジェネリック医薬品が存在します。ジェネリック医薬品、というのは、先発医薬品(新薬)と同じ成分、同じ製法で作られた後発医薬品になります。つまり、先発医薬品と同じ効果を期待できる薬なのです。厳しい審査を通過している安全性の高い薬であるにも関わらず、非常に安価で購入することが出来ます。もちろん、効果が半減する、効果時間が短い、などというマイナスなことはありません。新薬開発にかかった年月や費用がかかっていない分、ジェネリック医薬品というものは安価で販売することが出来るのです。近年、ジェネリック医薬品は日本でかなり注目されており、多くの人が新薬からジェネリック医薬品に薬を変更しているのです。

また、副作用に関してもデパスよりも発症しにくいとも言われています。デパスと同じ効果を発揮しながらも安く、安全性も高く、なおかつ副作用も出にくいということで、エチラームは非常に人気のある薬です。

このエチラームと同じ効果を持っている薬を、通販サイトで購入することが出来ます。処方箋などは必要ないので、インターネットさえ繋がっていれば誰でも簡単に注文することが出来るのです。しかし、自分自身で購入する場合にはきちんと商品情報をしっかりと読んで、用法用量や禁止事項は守るようにしましょう。服用方法を間違えてしまうと危険である、ということだけ忘れないようにしましょう。