TOP > 個人輸入で買えるもの

医薬品の個人輸入と輸入禁止の医薬品について解説します。

医薬品を個人輸入で購入する

通販サイトで購入する

近年、医薬品は誰でも簡単に入手できるようになりました。その方法、というのが個人輸入というものです。

日本には厚生労働省が作った薬事法というものがあります。その法律によって、日本では厚生労働省が許可した医薬品しか販売してはいけない、という決まりになっています。

しかし、海外には日本では販売されていない薬が、街の薬局に売っていたりするのです。薬事法において、海外医薬品を日本に持ち込むことは認められています。それを利用し、海外のお店から医薬品を購入することを個人輸入というのです。

一見、難しそうに思ってしまうかもしれませんが、知識が全くない人でも通販サイトと同じような方法で購入することが出来るのです。海外のお店とのやりとりを代わりにやってくれる代行業者がいます。

つまり、利用者的には普通の通販サイトとなんら変わりはない方法で、海外の医薬品を購入することが出来るのです。海外医薬品だから表記が読めない、ということに関しても心配ありません。

ホームページ上で商品説明や用法用量、使用上の注意など必要な情報は全て日本語表記されているので、英語などの知識は一切必要ありません。

最近では、個人輸入代行業者を利用して薬を購入している人もかなり増えてきています。ややこしい取引もなく、なおかつ非常に安価で購入可能ということもあって、今大注目の購入方法です。

アモバン、デパスは個人輸入禁止

アモバン、デパスは個人輸入禁止なのを指摘する医者

2016年に、睡眠薬として人気があったアモバンとデパスが個人輸入禁止になってしまいました。アモバンやデパスは睡眠薬としてだけでなく、抗不安剤としてもかなり人気があり、実際に精神科や心療内科でも処方されている薬です。

なぜ、そんなにも人気があったアモバン、デパスの個人輸入が禁止になってしまったのか、というとそれは大きすぎる薬の効果です。

別のページでお話しましたが、効果の大きい薬ほど依存性がでてしまうのです。アモバンやデパスは直接脳に作用するのでそういった医薬品は依存性形成により薬を乱用し、命を落としてしまうという危険性がある、ということで自己判断では購入できないようになったのです。アモバンやデパスだけでなく、それらのジェネリック医薬品も個人輸入禁止になりました。入手しようと思った時には、通院を余儀なくされてしまうのです。

乱用を阻止するためにも、病院でも2週間から長くても1ヶ月くらいの量しか処方されません。それほど効果が高く、その分依存性も形成されてしまうのです。自己判断で購入できないだけでなく、きちんと正しい服用方法を医師や薬剤師に教わることも出来ます。

アモバンの代替品として

ルネスタ

近年、アモバンの代わりになる薬として「ルネスタ」という睡眠薬がかなり人気になっています。2012年に販売された薬で、アモバンと同じく非ベンゾジアゼピン系に属します。ルネスタはアモバンの悪いところを改善した睡眠薬です。効果は同じものを期待できますが、依存性や副作用などがほとんど出ないように改良された、非常に飲みやすい睡眠薬です。最高血中濃度到達時間に関しては、ほとんど差がありません。依存性が出にくい、ということもあり、半減期はアモバンよりも長くなっています。しかも、個人輸入で購入する場合には非常に安価で手に入ることも人気の理由の1つでもあります。

また、「ハイプナイト」もアモバンと似た効果を持っています。アモバンと同じ非ベンゾジアゼピン系に属しており、超短時間型なので入眠困難や中途覚醒に対して効果を発揮する睡眠薬です。ハイプナイトはアモバンの半分量、というかなりの少量でも効果があることもあって、とても飲みやすい睡眠薬です。

とはいえ、これらも正しい服用の仕方をしなければ副作用は出てしまいます。効果は同じでも服用方法は異なってくるので、その点はしっかり注意しておきましょう。

個人輸入で購入できる睡眠薬

ハイプナイト

アモバンとデパスは個人輸入が禁止されていますが、他の睡眠薬は購入することが出来ます。先ほど挙げたルネスタやハイプナイトは個人輸入で購入することが出来ます。

ルネスタやハイプナイトの有効成分はゾピクロンを改良して作られたエスゾピクロンという成分なので、薬事法の個人輸入禁止の条件にはひっかかりません。しかも、個人輸入を利用すれば、とてもオトクに購入することが出来るのです。

しかし、個人輸入で睡眠薬を購入することに関しては要注意です。簡単に手に入ってしまうがゆえに、服用期間を無視して服用してしまわないようにしましょう。全て自己責任になってしまう、ということを心の隅に置いておきましょう。

また、個人輸入を利用する際には、口コミによる意見を見ることも可能です。睡眠薬に関してあまり分からない、というような人は一度目を通しておきましょう。実際に服用してみて効果を感じることは出来たのか、副作用は出たのか、というような素直な利用者の意見は初めて睡眠薬を購入する人にとっては役に立つ情報になると思います。活用できる情報はすべて活用し、快適な睡眠を手に入れるために必要な睡眠薬はどれなのか、という選択を間違えないようにしましょう。