%%HEADER%%

睡眠薬アモバンの効果と不眠症の症状について解説します。

不眠症と睡眠薬

不眠症とは

不眠症の女性

日本人の多くが「不眠症」に悩まされています。特に、女性の発症率が高く、また高齢者は3人に1人が不眠症など睡眠に関する問題を抱えている、という調査結果も出ています。

不眠症というのは、夜に布団に入ったのになかなか眠りにつくことが出来ない、眠ってもすぐに目が覚めてしまう、予定よりも早くに目が覚めてしまう、しっかりと睡眠を取ったはずなのに眠った気がしない、というような症状が続くことによって、仕事中や授業中など日中の明るい時間に眠くなってしまう、いつもより疲れやすくなる、注意力が持続せずに散漫になってしまう、などと生活に何かしらの悪影響を及ぼすことをいいます。

不眠症が発症する要因というのは、暑さや寒さ、騒音などの不快を感じる環境的な要因もありますし、寝る前のアルコールやカフェイン、ニコチンの摂取、というような自分自身の生活が要因になる場合もあります。また、精神的に追い込まれているときや、悩み事を抱えているとき、ストレスを感じているときにも不眠症の症状は起こります。眠りたいのに眠れないということでさらにイライラしてしまい、余計に不眠症の症状を悪化させてしまうこともあるのです。

人は睡眠によって体調や精神の安定を保ちます。快適な睡眠を取ることは生きていく上でも重要なことなので、不眠症は放っておかずに早期治療を心がけましょう。

おすすめ治療薬はコレ!
 デパス通販で不眠症を改善

入眠困難

入眠困難の女性

布団に入ってからかれこれ1時間経つが、一向に眠れる気がしない…というような寝つきの悪さに関するものは、不眠症の中でも「入眠困難」という種類のものになります。明日も朝早いのに眠れない…という不安がどんどん寝つきを悪くしてしまうこともあるのではないでしょうか。

この入眠困難という症状は、精神的な要因によって発症することが多いとも言われているのです。寝る前にずっと考え事をしてしまって、そのことが頭から離れずに眠れなくなってしまう、というようなことはないでしょうか。そうやって、どんどん考え込んでしまうことが入眠を阻害しているのです。

また、近年ではスマートフォンを持っている人の割合が多くなり、寝る直前までずっとスマートフォンを見ることもその要因の一つとも言われています。スマートフォンの液晶画面から放たれるブルーライトは、睡眠を促すメラトニンというホルモンを抑制する作用があるのです。寝る前の一息ついたタイミングで見たくなってしまう人も多いと思いますが、質の良い睡眠を取るためには避けるべきことでもあるのです。

他にも、人によっては昼夜逆転生活になってしまった人もいると思います。それも入眠困難の症状を発症する要因でもあります。体内時計が狂ってしまうことは睡眠にかなりの悪影響を及ぼしてしまうので、慣れるまでは睡眠に悩まされることになるでしょう。

入眠困難は他の不眠症の中でも症状が分かりやすいので、早めの治療に取り掛かることが出来るでしょう。

中途覚醒

中途覚醒してしまった女性

人の睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠というものがあることをご存知でしょうか。眠りにはサイクルがあって、深い眠りと浅い眠りが繰り返されているのです。レム睡眠は眠りが浅い時のことを指し、ノンレム睡眠は眠りが深い時のことを指します。眠りの浅いレム睡眠のタイミングで目が覚めてしまうことを「中途覚醒」といいます。やっと眠りにつけた、と思ったのに数時間後に目が覚めてしまう、というような状態が何日も続くようであれば、中途覚醒の症状だと思っていいでしょう。

この中途覚醒は、加齢とともに発症の割合が高くなります。というのも、加齢に伴い、頻尿の症状を発症する人が多いのです。寝ているときにもトイレに行きたくなって目が覚めてしまう、というのも中途覚醒の要因です。

もちろん、若い人でも中途覚醒は起こりうります。アルコールやカフェインには利尿作用があるので、夜に摂取することで中途覚醒を誘発してしまいますし、病気や怪我などで痛みを感じて、寝ている時にも目が覚めてしまうこともあります。小さい子供がいる家庭では、子どもの泣き声で起こされてしまうこともあるので、避けられない要因も多いのです。

また、睡眠時無呼吸症候群にかかってしまっている人も要注意です。眠っている間に呼吸をできないことで目が覚めてしまうことがあるのです。睡眠時無呼吸症候群にかかっている人は、まずはこの症状を治すことから始めましょう。

早朝覚醒・熟眠障害

早朝覚醒してしまった女性

朝、目覚まし時計よりも早く起きてしまうことはないでしょうか。あと2時間後に起きようと思っていたのに、目が覚めてしまってもう一度眠りにつくことが出来ない…そんな症状が長く続き、生活に支障をきたしてしまうことを「早朝覚醒」といいます。たった1日そういうことがあったのであれば、早起きできてラッキー!と思いますが、それが毎日のように続くとなるとどうでしょう。必然的に睡眠は削られ、日中眠くなってしまうこともあるでしょう。歳を重ねると、長い時間眠れなくなる、ということをよく言いますよね?それも早期覚醒の原因なのです。加齢によって睡眠時間が短くなってしまうので、夜早く寝たら朝はその分早く目が覚めてしまうのです。

また、十分に睡眠を取っているのにも関わらず、寝た気が全くしないことを「熟眠障害」といいます。1日の疲れはだいたい睡眠である程度解消されますが、その睡眠を確保しているのに疲れが取れない、となるとストレスにも感じてしまうでしょう。

これらの症状が起こる要因は、先に挙げた入眠困難や中途覚醒とほぼ一緒です。精神的ストレスを感じている、うつ病を発症している、寝る前の飲料が睡眠を障害し、あらゆる形で悪影響を及ぼすのです。

不眠症には睡眠薬を

睡眠薬

不眠症は、睡眠薬による治療が有効です。睡眠薬を飲めばいい、というだけの非常に簡単な治療法なので、誰でもすぐに始めることが出来ます。

睡眠薬には脳の活動を鎮める作用があります。それによって睡眠を傷害する要因のストレスや不安を取り除き、眠りに導きます。睡眠薬を使用することで、正しい睡眠のサイクルを確立することができます。

睡眠薬、と聞くと世間的にあまりいいイメージを抱かれていないと思います。大量の睡眠薬を摂取したことによって命を落とす、というような事件も実際にあります。しかし、きちんと摂取量を間違わずに飲めば、不眠症の治療薬として安全に利用することが出来ます。不眠症に悩まされている人が多いということもあって、誰でも手軽に不眠症の治療を出来るように、と開発されている薬なので、世間が思っているほど危険な薬ではありません。

睡眠薬は、不眠症の症状に合わせて服用する薬を選択しなければなりません。人によっては、複数の症状を発症する人もいます。今抱えている自分の症状を見つめ直すことが、薬を選ぶ際には重要になります。

入眠障害(困難)にはアモバン

入眠障害には超短時間型の睡眠薬を

アモバン

睡眠薬には、効果の持続時間の長さによって薬の種類がわかれてきます。

効果の持続時間が短い順に、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型とあります。超短時間型だと3~4時間で、長時間型だと10時間近く効果が持続します。そして、効果の持続時間と服用から効果が出るまでの時間は比例しているので、超短時間型は服用後30分程度で効果が出ますし、長時間型は時間がかかります。

最初にご紹介した、最も症状発症率が高い入眠障害の症状は、なかなか眠ることが出来ない、というものなので、眠りにつけさえすればぐっすり眠ることが出来ます。つまり、長時間効果が持続する必要はありません。そのこともあって、入眠障害には超短時間型の睡眠薬が最も適しているといえるのです。寝ようと思う30分前くらいに服用しておけば、布団に入ってからなかなか眠れない、というようなことで悩まされることもありませんし、朝もスッキリ目が覚めるでしょう。逆に言えば、他の中途覚醒や早朝覚醒などの症状には、この超短時間型の睡眠薬は向いていないともいえます。不眠症は症状の種類も多いですし、タイプも全然違うので、もちろん服用する薬も異なってきます。不眠症の症状のことをきちんと理解し、薬を選ぶようにしましょう。

薬の半減期とは?

薬を服用している女性

薬を服用し、しばらく時間が経ったら薬成分の血中濃度が最高地点に達します。その時間を最高血中濃度到達時間といいます。その最高地点に達したら、薬成分の血中濃度は低下し続け、ある時点で半減します。その半減するまでにかかる時間を半減期、というのです。この半減期が短いと薬の効果の持続時間も短くなってしまいますし、長ければ薬成分は血中に長く留まるので効果の持続時間も長くなります。

先程ご紹介した、超短時間型の睡眠薬は半減期がかなり短く、服用後3時間程度で半減してしまいます。次の日早く起きなければならないのになかなか寝つけない、というような日には、半減期が短いほうがいいでしょう。半減期が長い睡眠薬を服用してしまうと、その分効果が長い時間持続されてしまうので、日中にもウトウトしてしまう可能性があるからです。長時間型の睡眠薬は特に半減期が長く、2日経っても半減せずに効果を持続するものもあるのです。体調不良などで眠っていることを勧められている時や、特に予定のない時にはいいかもしれませんが、仕事や用事がある時に服用するのは危険でしょう。

また、半減期が短い、ということはその分効果を発揮するまでの時間も短いので、即効性はかなりあります。長時間型でも1時間程度で効果を発揮するものもありますが、ものによっては3、4時間、場合によってはそれ以上かかるものもあります。

半減期、という聞き慣れないフレーズかもしれませんが、半減期は薬の効果の持続時間とほぼ同じなので、薬を選ぶ際には半減期にも注目してみるといいでしょう。

入眠障害に効果的な「アモバン」

アモバンのシート

入眠障害には超短時間型がいい、という話をしましたが、その超短時間型の睡眠薬の中でも人気があるのが「アモバン」というものです。フランスの製薬会社で作られた薬ですが、1989年に日本でも販売が開始されました。安全性も高い薬である、ということもあって、日本では人気のある睡眠薬です。

アモバンの成分名はゾピクロンといい、シクロピロロン系の睡眠薬で、非ベンゾジアゼピン系に分類されています。GABA受容体に影響し、脳の機能をしずめることで眠りを誘発します。

アモバンの特徴は、なんといっても即効性がある、ということです。最高血中濃度到達時間もかなり短く、30分程度で眠りにつくことも出来ます。また、睡眠薬にありがちな副作用も軽減されていますし、依存性も少ないので、薬にいつまでも頼ってしまう、というような生活が続くこともありません。アモバンは他の睡眠薬に比べて、かなり飲みやすくなっているのです。

アモバンの効果

アモバンの効果を説明する医者

アモバンは、不眠症の治療薬として主に用いられています。即効性が高いこともあり、飲んですぐに効果を感じることが出来るので、最も手っ取り早く取り掛かれる不眠症の治療法でもあります。また、抗不安作用も持ち合わせている睡眠薬でもあります。不眠症の入眠困難を引き起こしてしまう原因が精神的なストレスや不安感、ということもあって、アモバンには不安や緊張を和らげてくれる作用があります。不眠症の原因が精神的な問題である、という人にはかなり有効な睡眠薬です。血液中に薬の成分が滞在している期間も短いので、目覚めもよく、睡眠薬の効果がいつまでも続いてしまう、というようなことはありません。なおかつ睡眠が深くなることで、熟睡したという感覚も味わうことが出来るのです。アモバンを服用すれば、入眠困難で悩んでいる人はかなり質の良い睡眠を取ることが出来るようになるでしょう。

アモバンの作用機序

睡眠する女性

不眠症などの睡眠障害は、脳の神経系の働きが活発になってしまうことで起こってしまいます。アモバンなどの睡眠薬は、GABA受容体に作用することでその働きを鎮める、ということは先程もご紹介しました。

そもそもGABAとはなんだ、と思ってしまう人もいるでしょう。

GABAというのは脳内に存在しており、抑制性伝達物質と言われています。ストレス解消としてGABAが利用されていることをご存知の人もいるのではないでしょうか。このGABAがGABA受容体と結合すると、興奮状態を抑え、眠りにつくことが出来ます。つまり、不眠症を患っている人はこの能力が低下してしまっているのです。アモバンは服用後、ベンゾジアゼピン受容体と結合し、GABAとGABA受容体が結合しやすくなるような働きをします。それによって、通常の睡眠を取ることが出来るのです。

ベンゾジアゼピン受容体には、ω1受容体とω2受容体があり、ω1受容体には催眠作用があり、ω2受容体には不安を和らげる抗不安作用や緊張感を和らげる筋弛緩作用があります。通常の睡眠薬の場合には、どちらの受容体にも作用しますが、アモバンはω1受容体の方に作用しやすく、すぐに脳に働きかけることが出来るので即効性が高いのです。

アモバンの半減期

アモバンの半減期を説明する医者

アモバンは超短時間型の睡眠薬に分類され、半減期も短いです。簡単に言ってしまえば、即効性はあるけど持続力はない、という睡眠薬なのです。

アモバンは他の睡眠薬に比べて半減期がかなり短い、ともいわれています。実際のところ、アモバンは服用後1時間程度で最高血中濃度に到達します。そして、半減期は3~4時間程度です。

しかし、睡眠薬において持続時間が短いことは悪いことでしょうか。理想的な睡眠時間は8時間と言われていますが、会社員にとって1日のうち8時間も睡眠に費やすことは困難でしょう。日本人の平均睡眠時間は6~7時間程度なので、1日の睡眠時間が4時間に満たないという人は少ないと思います。つまり、アモバンの半減期が短いことは、薬の効果を起床後に持ち越すことがないので、生活に支障をきたさないともいえるのです。

用法用量

眠くなっている女性

アモバンは即効性があるということで、寝る直前に服用します。普通の薬と同じように、食後などに飲んでしまうと、変なタイミングで眠くなってしまうので要注意です。

また、アモバンには7.5㎎と10㎎の2種類の錠剤があります。1日に1回就寝前に服用します。効果の出やすさには個人差や体調によって変化することもあるので、初めてアモバンを服用する際には、まず7.5㎎からスタートするようにしましょう。薬の効果が全然感じられないからといって、勝手に量を増やすのはもちろんダメです。10㎎を超える量を服用してしまう、というようなことは決してないようにしましょう。

また、アモバンには副作用が少ないと言われていますが、用法用量を間違えれば副作用が起こる危険性を高めます。通販サイトでも購入できる、ということもあって、十分な説明を受けないまま服用することになってしまう人もいるでしょう。通販サイトから購入した場合には全て自己責任になるので、きちんと用法用量に目を通し、服用するようにしましょう。

副作用を回避する

医薬品には副作用がある

副作用を感じている女性

医薬品には、その効果が高ければ高いほど副作用というものが生じてしまいます。医薬品の本来の目的を果たす働きをするものは本作用、目的とは違う働きをしてしまうものを副作用といいます。医薬品に副作用はつきものです。医薬品に含まれている成分自体が副作用を誘発している場合もあれば、医薬品を間違った飲み方をしている、医薬品を服用している人の体調や体質がその医薬品に合わない、ということでも副作用は発症します。医薬品、というのは何か1つの症状にだけ特化して効く、というより複数の症状に作用する場合が多いので、求めているものとは違った効果が現れてしまうのです。

最も知られている重篤な副作用を発症する医薬品といえば、抗がん剤でしょう。人を死に至らしめるほど強いがん細胞を死滅させる作用があるため、抗がん剤自体もかなり強い薬になります。副作用は吐き気や貧血などそこまで重くないものもあれば、髪の毛が全部抜け落ちてしまう、ゲッソリするほど痩せこけてしまう、感染症を引き起こしてしまう、というような重篤なものもあります。

副作用、と聞くと怖い印象を抱いてしまいがちですが、市販の薬であればそんなに恐れるほどの副作用が起こることはありません。用法用量を守れば副作用が起こることはめったにないでしょう。

アモバンによる軽度の副作用

アモバンによる軽度の副作用を説明する医者

アモバンの副作用として、頭に影響が出ていることが多いようです。最も多いのがふらつきで、頭痛やめまい、頭が重いなどと感じる人もいるようです。耐えられないことはない軽度の副作用ではありますが、嫌な感じはしてしまうでしょう。

また、睡眠を誘発する薬、ということもあって眠気が副作用と感じる時もあるようです。半減期が短く、効果が持続しないという特徴はありますが、人によっては長く作用してしまうこともあり、仕事中などに猛烈な睡魔に襲われてしまうこともしばしばあるようです。アモバンのような超短時間型ではめったに起こらない副作用ですが、薬の効果の持続時間が長くなればなるほどこの副作用が起こる確率は高くなるので気をつけましょう。

アモバン特有の副作用として、苦みというものがあります。薬の服用時に苦みを感じる、という人が最も多いのです。苦みが気になって眠れなくなってしまう人も中にはいるようです。ごくまれに、起床後にもずっと苦みを感じる、というケースもあります。これも人によっては強く感じてしまう人もいれば、全く何も感じない人もいます。良薬口に苦し、という言葉があるように、効果はきちんと期待できるものなので、苦味に関しては頑張って我慢しましょう。

アモバンによる重度の副作用

アモバンによる重度の副作用を説明する医者

アモバンを服用して重度の副作用を発症してしまうこともあります。ほとんど起こることはないですが、記憶障害や意識がもうろうとした状態になってしまうこともあるようです。寝るまでの時間何をしていたのか記憶がない、覚えていないけど歩き回っていた、というようなことも起こってしまうようです。この副作用は、効果をすぐに発揮する超短時間型の睡眠薬に起こりやすいと言われています。

また、これもめったにないですが、まれに耐性や依存性を形成してしまうことがあるようです。アモバンなどの非ベンゾジアゼピン系はこういった副作用を起こしにくい睡眠薬ではありますが、人によっては起きてしまうのです。

耐性、というのは薬の効果に慣れてしまい、効かなくなってしまうことをいいます。1錠では足りなくなってしまい、頻度や量を増やしてしまった結果、別の副作用を引き起こしてしまうこともあるので、非常に危険です。

依存性、というのは睡眠薬なしでは生活できない、という状態になってしまうことです。よく、ニコチン依存症やアルコール依存症という言葉を耳にする事はあると思います。それと同じようなものだと思ってもらえればいいでしょう。

軽度な副作用としてふらつきがある、ということを言いましたが、高齢者がアモバンを服用したことによってふらつきを感じた場合には、転倒してしまう、という危険性があります。人によっては重度の副作用にもなりかねないので、アモバンを服用する時には細心の注意を払いましょう。

アモバンを服用してはいけない人

体調が優れない女性

アモバンを服用する際、今現在病気にかかっている、というような人は要注意です。睡眠薬には筋力を低下させる働きがあるので、重症筋無力症の人はアモバンを服用してはいけません。また、急性狭隅角緑内障の人も服用を禁止されています。薬の成分によって、筋肉を弛緩させ、隅角が狭くなり、眼圧が上昇すると言われているのです。その危険性はない、とも言われていますが、そうなる可能性は0ではないので、服用はしないようにしましょう。今現在病気にかかっていないとしても過去にアモバンでアレルギーを発症してしまった人は服用してはいけません。体質にアモバンが合っていない、ということなので、服用はやめましょう。

重症筋無力症や急性狭隅角緑内障のように絶対に服用してはいけない、というわけではないですが、注意しなければならない人もいます。肝臓、腎臓、脳、心臓等に障害がある人、体調が極端に優れない人は、服用後に強く効果が現れてしまう、症状が悪化してしまう、などの危険性があるのです。服用する際には自己判断ではなく、医師に相談するようにしましょう。

また、妊娠中や授乳中の女性は服用しないことをオススメします。安全性について確立されていないので、重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性もあるのです。子どもの夜泣きでなかなか眠れない時も多いと思いますが、服用は避けるようにした方がいいでしょう。

服用することはほぼないと思いますが、乳幼児も服用を安全性が確立されていないので、禁止されていることを知っておきましょう。

アモバンを服用する際の注意点

アモバンを服用する際の注意点を説明する医者

不眠症の治療としてアモバンを服用する際には、なるべく服用期間は短くしましょう。先程もご紹介したように、依存性が出てきてしまうかもしれないからです。継続的な服用はなるべく避けるようにしましょう。

また、不眠症の症状は高齢者に起こりやすいですが、高齢者がアモバンを服用する際には要注意です。高齢者は免疫力が低下してしまっていますし、筋力も落ちています。それによって副作用が起こりやすい、軽度で済むはずの副作用が重度になってしまう、といったような危険性もあります。高齢者が1人で睡眠薬を服用するのは危険なので、誰かが必ずいる状態での服用がいいでしょう。

アモバンは超短時間型ということもあり、起床後まで効果が持続することはめったにないですが、まれに影響することがあります。睡眠薬の効果が完全に切れるまでは、車などの運転は避けるようにしましょう。もちろん、服用直後に運転することもいけません。いつどのタイミングで眠気がくるか分からないので、薬を飲むタイミングには十分注意しましょう。

何度も言っていますが、必ず用法用量は守って服用するようにしましょう。

アモバンと飲み合わせの悪いもの

アルコール類

アモバンを服用している時に摂取してはいけないものがあります。それはアルコールです。アルコールの摂取は不眠症の原因にもなりますが、薬との飲み合わせも悪いのです。

アモバン服用時にアルコールを摂取してしまうと、薬の効果が効きすぎてしまう可能性があるのです。アルコールを飲んでいたら、呂律が回らなくなってしまう、頭の回転が鈍くなる、というように脳の活動が抑制されてしまいます。つまり、睡眠薬と同じ働きをするのです。アルコールと睡眠薬の二重の効果で、脳の活動が抑制されすぎてしまい、意識を失ってしまう、足元がふらつき転倒してしまう、というようなこともあるのです。アルコールには利尿作用もあるので、夜中に目が覚めてしまうこともあり、その時に暗い中で転倒してしまって大怪我になってしまう危険性もあります。ひどい場合にはずっと目を覚まさない昏睡状態に陥ってしまうこともあるのです。

また、アルコールを摂取すると、肝臓で分解されますが、薬よりもアルコールを優先的に分解し、排出してしまうので、効果が長い時間持続してしまうのです。もう効果が切れる時間だ、と思っていても効果が続いてしまい、眠気がなかなか消えてくれなくなるのです。

眠りやすくなる、という理由で夜な夜なお酒を飲んでいる人も多いと思いますが、アモバンを服用する際にはアルコールは控えるようにしましょう。

アモバンの併用禁忌薬

注意したいアモバンの併用禁忌薬

アモバンには併用は禁止されている薬がいくつかあります。

精神安定剤や抗うつ剤、中枢神経抑制剤には、脳の活発な動きを抑制し、活動を鎮める作用があります。アモバン自体にも同じように脳の活動を抑制させる作用があるので、効果を増大させてしまい、かなり強い作用が出てしまう、副作用が起こりやすくなってしまう、というような悪影響を及ぼすのです。

筋弛緩剤には筋肉を緩める効果があります。冒頭でもお伝えしたように、アモバンには筋弛緩作用があるので、こちらも効果を増大させてしまう危険性があるのです。筋弛緩剤は麻酔剤としても利用されることがあり、あまり手に入る物ではないのでそこまで危険視する必要はないかもしれません。しかし、睡眠薬を普段から飲んでいる人が手術をする、となると危険な場合があるので、前もって伝えておくようにしましょう。

また、日本でも徐々に感染者が確認されている結核の治療薬のリファンピシンも併用禁忌薬と分類されているので、知っておいたほうがいいでしょう。

副作用が出たら医師に相談

医師に相談することを勧める医者

医薬品を服用して副作用が出るのは当たり前のことではありますが、あまりに長い間副作用が続いてしまう、重度の副作用が出てしまった、という場合にはすぐに病院へ行くようにしましょう。睡眠薬は、服用し続ければ必ず治る、とは言い切れない場合もあります。自分の体質に合っていないのにいつまでも睡眠薬を飲み続けてしまうと、取り返しがつかない事態を引き起こしかねません。また、不眠症が何によって引き起こされたのか、どういう症状が発症しているのか、によっても睡眠薬の種類は異なってきます。最初はなかなか寝つけない入眠困難だったので超短時間型の睡眠薬を服用していたが、いつの間にか朝早く目が覚めてしまうようになる早朝覚醒になっていた、というように症状が変わることもあります。睡眠薬だから、と同じものを飲み続けていても効果が出ないこともあります。

副作用が気になる、何か不安に感じることがある、という場合にはすぐに医師に相談することをオススメします。

%%LINK%%

おすすめの記事

デパス

デパスのジェネリックで治そう!

デパスの効果とお得なジェネリック医薬品について解説します。

不眠症の改善方法を解説する医者

不眠症は改善できる!

不眠症を効果的に改善する方法を解説します。

睡眠薬について考える女子

睡眠薬と依存性

睡眠薬の依存症を防ぐための安全な服用方法を解説します

通販サイトで購入する

個人輸入で買えるもの

医薬品の個人輸入と輸入禁止の医薬品について解説します。

%%SIDE%%
%%FOOTER%%